気温も急上昇をする夏はお盆を迎えることから、全国的にもお墓参りをする人が増えるシーズンです。心地よい陽気となる春と秋のお彼岸の季節とは異なり、真夏は暑さが厳しいため、対策をしてお墓参りをするようにします。強烈な紫外線と突き刺すレベルの陽射しからわが身を守るために、頭には帽子を被ることです。いくつもの種類がありますが、風通しの良い麦わら帽子や、顔に影を作るツバの広いタイプを選ぶこともできます。佇むだけでも汗が噴き出るのが夏のお墓参りですから、ハンカチだけではなく大量の発汗にも対応できる、ハンドタオルもあると便利です。フェイスタオルくらいの大きさなら、首に巻いて発汗をすぐにキャッチすることもできます。長時間を過ごすわけではありませんが、夏のお墓参りは暑さとの戦いなので、自分たち用の飲料も持参をすることです。自販機や売店などの設備がない墓地ならば特に、脱水症状を起こさないためにも飲み物を持って行くようにします。