息子、娘が実家から遠い場所に住んでいる場合、どうしても墓の掃除や墓参りに行く機会が少なくなってしまいます。子供ができればさらに墓に行けない、転勤で海外に行くことになれば墓は荒れ、気の毒な状態となるでしょう。

そんな時は、思い切って墓じまいをした方が気分的にも楽ですし、ご先祖様にとってもいいでしょう。そんな墓じまいをした際は、遺骨を墓から取り出し、どこに置けばいいかを親族でよく話し合いをすることが大切です。

最近は継承者がいないから墓じまいをすることが多いですから、遺骨を引き受け、永代供養をしっかりやってくれる墓地を探すことが必要です。

また、樹木葬墓地なども行き先のない遺骨を引き受けて埋葬してくれますので、墓じまいをする前に、寺へ相談してみるといいでしょう。

この遺骨を墓から出し、移動するは最寄の自治体に改葬許可申請書の手続きをとり、発行してもらうことが大切です。この申請書を発行するには、埋葬証明書と受入証明書の2枚が必要です。