高齢者になってきますと墓じまいというのに意識を向けてくる人が多くなってきます。これは要するにもう墓を終えてしまう、ということであり、そこそこ費用がかかる事に成り魔する墓石は処分する必要性がありますし、その土地も更地にする必要性があります。また、入っている遺骨に関してもしっかりとした処理をしなければならないということになっていますので注意しておきましょう。しかし散骨という手があるわけですからも実際のところ、必ずしも遺骨を永代供養などに出さなければならないというわけでもありませんのでそんなに心配することはないです。問題は自分が死んだ時にどうするのかということであるとそちらの方の問題をしっかりと処理した上で墓じまいをした方が良いということは間違いないことになります。具体的にはもう、このように葬式をして遺骨は処分して欲しいなどのことを弁護士などにお願いしておくことです。それが極めて無難です。一番よい方法でしょう。